スポンサーリンク

【資格】効率よく合格!QC検定3級の勉強法

SNSフォローボタン
のこてぃーをフォローする
スポンサーリンク
仕事
スポンサーリンク

こんにちは!のこてぃーです。

本日はQC検定の勉強方法についてのお話です。

どうやって勉強すればいいかわからない!って人に向けて少しでも参考になれば幸いです。

QC検定とは

QC検定(品質管理検定)とは品質管理についての知識レベルがどの程度あるのかを筆記試験で客観的な評価を行うものです。

これについては下記の記事でももう少し細かく触れてますので是非読んでみてください。

【資格】QC検定を受験した体験談
品質管理に関する知識がどの程度あるの?ってことを筆記試験にて問われる検定…それがQC検定です。ここではQC検定の勉強法など体験談をもとに記していきます。この検定の目的はものづくりやサービスづくりの質の底上げ、つまりはQCの知識・能力を底上げ

QC検定は近年、ものづくり関係の事業を行っている会社や工場などで需要が高まっています。

例えばメーカーの品質管理の仕事をされている方はもちろんのこと、商品の製造に携わっている方などにもQC検定の受験を促している企業も増えているそうです。

QC検定は何級から受ければいいの?

QC検定は4~1級まであり、1級に近づくほど難易度が高くなります。

とはいえ4級はQCの極々触りの部分…言葉は悪いですが中高生でも簡単に取得できる難易度となっています。

またQC検定は統計学の知識や手法が問われる問題が多いため、1~2級になるとそれなりの勉強期間が必要になります。

ですので初学者の方や、就職前の学生の方などは最初は3級からの受験をお勧めします。

QC検定は何級からでも受験可能ですが、初学者の方が2級以上から受験するのはあまりにもハードルが高く、勉強に費やさなくてはならない時間が多くなります。

まずは3級の知識を確実に抑えてからより上位の級を受験するようにしましょう。

QC検定3級の勉強法

参考書

3級なら比較的どの参考書でも問題ありませんが、初学者の方に特にオススメの参考書が

1回で合格!QC検定3級テキスト&問題集

という本です。

この本のいいところは合格するためのポイントがかなり絞られている点です。

QC検定は70点をとってしまえば合格できる試験です。

そのためこの本では70点+αをとることを目的としているため、無駄なことが書かれていません。

そのためこのテキスト1冊で十分試験範囲を網羅することができます。

実際僕はこのテキストのみで合格していますが、問題数は決して多いわけではありません。

そのため実戦形式の問題をもっと解きたい!って方は

過去問で学ぶQC検定3

をやっておくとよいでしょう。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

過去問題で学ぶQC検定3級 [ QC検定過去問題解説委員会 ]
価格:2200円(税込、送料無料) (2019/10/9時点)

学習方法

受験者の知識レベルにもよりますが、『1回で合格!QC検定3級テキスト&問題集』ではまず8章「品質管理の実践分野」から読むことをお勧めします。

QC検定3級では「品質管理の手法」と「品質管理の実践」から構成されています。

そしてこちらの配分はおおよそ50%、約半分です。

2つのうち実践分野ではQC的なものの見方・考え方や、品質の概念や管理の方法、品質保証、品質経営などが問われます。

そしてここが重要なのですが、この分野はオール文書問題です。しかも選択肢付きの。

ここは非常においしい問題が多く、得点の稼ぎどころなのでここの範囲まず抑えてしまします。

8章はだいたい23回くらいまずは目を通すようにします。

そしてここは試験までの間に定期的に見直すようにしましょう。

そして手法分野は基本的には計算問題が中心です。

一応、当日の試験では√機能付きの電卓が持ち込みが可能(関数電卓はNG)です。

そのため試験勉強では問題の解き方や考え方を重点的に学習するとよいでしょう。

もちろん公式の暗記も多少必要ですが、覚えなくてはならない公式は決して多くありません。

覚えるべきところは暗記してしまい、問題を見てすぐに計算式を作れるようになれるよう頑張ってください。

勉強期間

この手法分野は受験者の初期知識や計算の得意不得意にかなり影響されるところです。

ですので参考書をパッと見て何を書いているか理解できないというレベルの人は数か月間の勉強期間は確保するようにしましょう。

参考書を開いて、なんとなく理解できそうorもうすでに知っている部分が多い人は23週間前からの対策でも十分かもしれません。

とにかくまず大事なのは試験を受けるとわかった段階でまず参考書や過去問を購入して内容に目を通すようにしてください。

全体像がつかめればそこからの逆算で試験勉強に必要な期間を算出し、余裕をもって試験対策をするようにすれば必ず合格できます。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

就職のために資格取得を目指す学生の方や、会社から突然QC検定を受けるように言われたサラリーマンの方など、QC検定を受けることになったけどどう勉強すればいいんだろうという悩みをお持ちの方の参考になれば幸いです。

それでは。

コメント

タイトルとURLをコピーしました